栃木県大田原市 めだか生産直販専門店 めだかの杜

『めだかの杜』規模拡大

2016年はビニールハウスの引っ越し、ビニールハウスの新設、裏庭の飼育場増設インターネット販売、といった、『規模拡大』の年になりました。

そして、県外のお客様の中で、今年は昨年のオープン当初よりも福島県のお客様が多数『めだかの杜』にお越しいただきました。多くのお客様の中で、ホームページを見てお越しいただいた方が多いことが分かり、大変うれしく思います。

大きく変化した『めだかの杜』の様子を、ご覧ください。

2016年(平成28年)

2016.3.9

2016.6.1

今年の冬は日中最高気温が20℃を超えたと思った翌日には、大雪が降るという、なんともめだかたちの体調が心配になる天候が続きました。そんな中、「めだかの杜」のめだかたちは2月21日から卵をお腹に付けるメダカがおり、また3月上旬には「めだかの杜」のメダカの品種の7割が、卵をお腹に付けております。そして、3月9日には琥珀めだかの稚魚が誕生いたしました。昨年は3月27日にめだかが初めて孵化した為、今年は約3週間も早い孵化となりました。多くのめだかを生存させるため、丁寧に育てていきたいと思います。

cup

本日より、『めだかの杜』では栃木県那須塩原市にあります、知的障害者就労支援施設『セルプあじさい』さんに、お客様にめだかを入れてお渡しするめだかのカップに、イラストをつけていただくことになりました。また、新聞紙のカット(1/2カットや1/8カットなど)もお願いしています(水槽の表面に浮いたあぶら取りや箱詰めに使用するため)。こちらが、施設の利用者さんに描いていただいたイラストです。是非、めだかをお持ち帰りの際に、ご覧になってください。

これらの仕事は、就労支援の一環となります。そこで、袋詰めや箱等組み立てなどの軽作業がありましたら、是非、お気軽にご相談いただければと思いますので、宜しくお願いします。 

2016.6.29

2016.7.3

newhouse

めだかたちも増え、皆様に『めだかの杜』をより、楽しんでいただくために、ビニールハウスの増設を決行する事になりました。まずは、敷地を確保しなくてはいけません。そこで、自宅の隣の敷地を広げました。さらに、大型トラック等の駐車も可能になり、また、今まで車の出入りは国道4号線沿いだけだったのですが、野崎駅方面の車の出入りが可能になりました。是非、ご活用ください。

wakare 

別れ そして 引っ越し

ビニールハウスの増設に伴い、約一年半もの間『めだかの杜』を守ってくれていたこのビニールハウスを引っ越しする事になりました。ビニールハウスの建設はもちろん、引っ越しは初めてなので、引っ越しが無事できるかとても心配です。さて、今後どのような配置になるのでしょうか。

2016.7.3

2016.7.4

kyunaiso

こちらが引っ越し前の内装です。足の踏み場もわずかで、容器の置き場所がなく、めだか達でぎっしり詰まっています。その為、木のテーブルで二段の棚にしています。夏は遮光ネットのほか、すだれをかけたりと、暑さ対策が必須です。

 ido

ついに、引っ越し開始。家族や知人の方々で行いました。骨組みのパイプも見た目は細くて軽そうなのに、1本1本運ぶとなると、私にとっては重労働(笑)。安定しない天候が続く中、協力して行いました。

2016.7.5

2016.7.6

ビニールハウスの引っ越しは1日では終わらず、めだかたちが野晒し状態(涙)。梅雨明けしていない中で、雨が降り、また、引っ越し作業が順調に進まず、亡くなってしまうめだかたちもいました。悲しい気持ち、残念な気持ちと、環境の変化の重要性を改めて感じました。それぞれの容器には水も入っていますし、容器も約200個ある中で、移動作業が何よりも大変でした(笑)。 

sinnhouse 

ビニールハウスの移動がが完了しました。細かい箇所は完成していませんが、約二日でビニールまで張ることができました。残りは野晒しのめだかたちが引っ越すのみ。一日でも早いめだかたちの引っ越しを!

こちらは『繁殖棟』。『めだかの杜』では、今後も引き続き、新種開発に取り組んで参ります。

2016.7.11

2016.7.17

 

新ビニールハウスの誕生

ついに、『めだかの杜』の2棟目となる、新しいビニールハウスが誕生しました。約5日で完成しました。縦12m×横6mの大きなビニールハウス。存在感を大きく感じます。こちらは主に販売を行うための『販売棟』になります。広々としたスペースで、たくさんの種類のめだかをごゆっくりご覧ください。

newnaiso 

『販売棟』の内装がほぼ完成。こちらが『販売棟』の内装になります。遮光ネットも設置済み!今年の夏はこれで乗り切ります!また、『めだかの杜』では、今までよりも大きな水槽で飼育を行います。メダカは広い容器であればその分成長も早くなります。是非、定期的に『めだかの杜』でめだかたちの成長をご覧ください。

『繁殖棟』の野晒し状態だった容器も引っ越し完了。

2016.7.21

2016.8.12

ponp 

『販売棟』に浄化槽ポンプの設置

『めだかの杜』では初となる、浄化槽ポンプの設置を決行しました。『販売棟』は日当たりがとてもよく、この時期水温の上昇が予想されます。その為、水温の高温予防等を考え、設置を決行しました。こちらは全て、父が設置してくれました。ちょっとした、研究所みたいですね(笑)。

kanban

『めだかの杜』看板完成

今までの『めだかの杜』の目印は、めだかののぼりの数本と木製看板だけでしたが、新たに看板作成に挑戦しました。こちらはデザインから作成まですべて手作り。こういった分野は全く得意ではない私たちですが、色鮮やかに、綺麗に表現でき、キレイに仕上がったと思います。そして、木製看板よりも、印象強く出来たように感じます。是非、こちらの看板もご覧になってください。

2016.9.9

2016.10.1

 

『めだかの杜』のホームページに『ギャラリー』のページを追加しました。こちらは『めだかの杜』にいるめだかたちの美しい姿を撮影したものを随時更新いたします。是非、ご覧になってください。

neth

『めだかの杜』がスタートしてから1年7カ月。インターネット販売を開始することができました。観賞魚専用のビニール袋に酸素を入れ、細心の注意を払って梱包します。これからは、遠方のお客様にも楽しんでいただけることと思います。詳細につきましては、通販専用ページをご覧ください。

2016.10.24

2016.11.24

sasakisan

いつも『めだかの杜』に来ていただいている佐々木さんが、ご厚意でこちらのめだかの水槽をプレゼントしてくれました。佐々木さんの手作りです。言葉に表せられないほどの感動です。ありがとうございました。早速、玄関にセットさせていただきました。『めだかの杜』にお越しの際は、ぜひご覧になっていってください。

2016yuki 

今年度、大田原市においての初雪です。『こんなに早く降るんだったっけ?』と思うぐらい、私にとって早く感じました。水替えは10月下旬には終わっていたので、一安心。しかし、雪はビニールハウスにとって天敵です。なぜならば、雪がハウスに積もって倒壊の恐れがあるからです。積もりませんように!

2016.11.25

2016.11.25

house

昨日の雪はそれほど積もらず、日中には完全に溶けてしまいました。さて、これからめだかは冬眠時期に入っていくという事で、来春の為に、めだかの飼育スペースの増設を決意しました。大きなビニールハウスを建てたかったのですが、家族の『これ以上はやめなさい』との意見だったので(笑)、、考えた結果、『裏庭の活用』をすることにしました。裏庭のスペースに家庭菜園用の簡易ビニールハウスを建てることにしました。早速、資材を購入して、ゆっくりと準備していきたいと思います。

poul

増設は裏庭だけではありません。写真のこのスペースは、現在汲み置きの水を置いている所です。夏場はここにもめだかや金魚を置いているのですが、日当たりが良すぎで、夏は水温40度を超えてしまうほどです。『繁殖棟』の脇のここには軒下がある為、これを利用して、こちらも来春までに新たなスペースを作っていきたいと思います。水温上昇対策もしっかりと!ですね。

2016.12.29

2016.12.29

urahouse

資材を購入してから、約1カ月。時間のある時に父とのんびり建設しました。裏庭ですが、風の影響を大きく受けますので、骨組みを余った資材で、しっかり固定しています。冬の強風対策の為、まだビニールを張っていませんが、こちらは5〜6月ごろに、ビニールを張っていこうと思います。ひとまず、これで完成です。

yokohouse

こちらも裏庭と並行で作業を進めていました。こちらは水温上昇対策と、風通し、また、冬の強風のことを考え、ビニールハウスではなく、単管パイプとネットで作ってみました。こちらも屋根は5〜6月ごろに、つけていこうと思っています。こちらもひとまず、これで完成です。

2016.12.31

 

今年もあっという間に終わりですね。今年を振り返ってみると、今年は『めだかの杜』と『家庭教師 学習の杜』を本格的に進めていくために、7月に福祉の仕事を退職しました。そして、それとほぼ同時期に、土地を広げ、今までの約1.5倍の大きなビニールハウスを建てることができました。めだかたちもたくさん増え、私自身今までよりもさらに、めだかの生活が楽しくなりました。さらに、10月にはインターネット販売もスタートできました。そして、来春に向けて新しい飼育スペースも準備できています。今年も『めだかの杜』が大きく成長した年になったと思います。いつも『めだかの杜』にお越しの方々、『めだかの杜』にかかわってくれた方々、今年もお世話になりました。来年の『めだかの杜』も宜しくお願い致します。

 

関連ページ

2014年(平成26年)
『めだか』との初めての出会い、初めての飼育。さらに、引っ越しによる新たな生活。2014年は様々な『初めての年』となりました。
2015年(平成27年)
『めだかの杜』として、ビニールハウスの建設、HPの立ち上げ、営業開始、祭りの参加。2015年は『大きく前進した年』となりました。
2017年(平成29年)
昨年夏に完成した販売棟でスタートを切りましたが、台風21号の被害に。そして、新たな2棟のハウスを建設。2017年は『忘れられない年』となりました
2017年(平成29年) 〜台風被害編〜
10月23日の台風21号。忘れられない出来事となり、忘れてはいけない出来事となりました。
2018年(平成30年)
品種改良、繁殖において、思うような成果が出なかった2018年は、根本的に『見直す年』となりました。
2019年
栃木県大田原市で活動中の『めだかの杜』。たくさんのめだかたちと共に、ご来店をお待ちしております。是非、お気軽にお立ち寄りくださいませ。
 
ヒストリー 直販専用 通販専用 ギャラリー イベント アクセス